とっておき!観光物産情報
三重県

伊勢神宮

伊勢神宮

古来より「お伊勢さん」の名で親しまれてきた日本の聖地。年間を通じて多くの参拝者で賑わいます。正式名称は「神宮」。天照大御神(あまてらすおおみかみ)をおまつりする内宮(ないくう)・豊受大御神(とようけのおおみかみ)をおまつりする外宮(げくう)を中心に14の別宮と109の摂社・末社・所管社の合わせて125社で成り立っています。

20年に一度、社殿を新しく建て替えて、大御神にお遷り願う大祭「式年遷宮」が行われ、平成25年には第62回目の式年遷宮が行われる予定です。


熊野古道(世界遺産)

熊野古道(世界遺産)

神話の時代から、神々が鎮まる聖地として考えられていた紀伊山地。人々は聖地を目指して祈りの道を歩きました。これが世界遺産にも登録された「熊野古道」です。

中でも人気が高かったのが、伊勢神宮から熊野三山を目指す「伊勢路」だったそう。苔むした石畳が残る「馬越(まごせ)峠」や熊野灘の絶景が楽しめる「松本峠」などが有名です。

また、神秘的な雰囲気が漂う「花の窟(いわや)神社」や、迫力満点の「獅子岩」「鬼ヶ城」などもぜひ訪れたいスポットです。


松阪肉

松阪肉

サシ(霜降り)がきめ細かく入り柔らかい味の芸術品といわれる松阪肉。松阪牛は、松阪市周辺で育てられた雌の黒毛和牛です。肥育農家は、牛に大豆粕、ひき割り麦などの十分な飼料を与え、食欲がないときはビールを飲ませたり、日光浴やマッサージ、午後の散歩など、数年をかけて大切に育てます。

毎年11月には、「最高級の松阪牛」を決めるイベントとして「松阪肉牛共進会」が開催されます。過去最高の1頭の落札価格は、2002年の第53回大会において優秀賞一席となった「よしとよ号」の5,000万円でした。

近年は「松阪牛個体識別管理システム」を導入し、生産から出荷・流通までの情報を管理して、松阪牛証明書・松阪牛シールを発行した安全な松阪肉を提供しています。松阪市内には、多くの松阪肉を扱うレストランがあり、松阪肉をお楽しみいただけます。


夫婦岩・二見興玉神社(めおといわ・ふたみおきたまじんじゃ)

夫婦岩・二見興玉神社(めおといわ・ふたみおきたまじんじゃ)

伊勢市二見町にある縁結びのシンボル夫婦岩。二つの岩は長さ35メートル、重さ40キロの大注連縄(おおしめなわ)で固く結ばれており、夏至の前後には岩の間からの日の出を、また10月から1月頃の満月には月の出を見ることができ、訪れる人に感動を与えています。

二見興玉神社は、この夫婦岩の沖合い約700メートルにある猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)ゆかりの興玉神石を拝する神社で、縁結び・夫婦円満・厄除けなどにご利益があると言われています。

また、年に3回張り替えられる、夫婦岩の大注連縄を使った「絆のお守り」も人気となっています。


鳥羽水族館

鳥羽水族館

人魚伝説のモデルとも言われるジュゴンを日本で唯一飼育していることで知られる鳥羽水族館。環境やテーマごとに分けられた12のゾーンに、世界の海や川を再現し、ラッコやアフリカマナティーなど約1,000種2万5千点の生きものが飼育されています。

2010年からは、新しい仲間カピバラも初登場し、人気を集めています。季節に合わせたイベントもあるので、ホームページをチェックしてみて!


ミキモト真珠島

ミキモト真珠島

真珠王・御木本幸吉が世界で初めて真珠養殖に成功した島で、島全体が真珠のテーマパーク。今年2011年に開島60周年を迎えます。約7000坪の島内には、真珠博物館、御木本幸吉記念館、ミキモトのブランドジュエリーをはじめ、真珠島だけのオリジナル商品を豊富に揃えたパールショップなどがあります。

また、美しい鳥羽湾を舞台に繰り広げられる、昔ながらの白い磯着に身を包んだ海女の実演も必見です。


石神さん(いしがみさん)

石神さん(いしがみさん)

鳥羽市相差(おうさつ)町の森に静かに佇む地元の氏神、神明神社(しんめいじんじゃ)。その参道の途中の小さな社にまつられているのが「石神さん」です。相差町は、三重県内で最も海女の多い地域。その海女さんたちが古くから「女性の願いなら必ずひとつは叶えてくれる女神さま」と信仰してきました。

お参りの後にチェックしたいのが、海女さんたちが身に付ける魔除けの印「ドーマン・セーマン」が描かれた手作りのお守りとストラップ。石神さんのご利益がクチコミで広がり、1日で完売してしまうこともあるそう!


海女小屋体験

海女小屋体験

三重県の鳥羽・志摩地域は、今でも海女漁が行われているエリアです。海女小屋体験では、海女さんたちが、漁の後、冷えた身体を温める海女小屋で、現役の海女さんの話を聞きながら、伊勢志摩の新鮮な海産物を味わうことができます。要予約です。

【お問い合わせ】
鳥羽市観光協会 TEL:0599-25-3019
志摩市観光協会 TEL:0599-46-0570


志摩スペイン村

志摩スペイン村

アトラクションや陽気なエンターテイメントを通じて、スペインの魅力を満喫できるテーマパーク「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」。

今年2011年には、新エンターテイメントとして、キャラクターミュージカルショー「ドンキホーテとみんなの大時計~小さな天使のおとしもの~」、フラメンコショー「AL ANDALUZ(アル アンダルス)」も登場!露天風呂のある天然温泉や南欧風のホテルも併設されています。


伊賀流忍者博物館

伊賀流忍者博物館

伊賀流忍者の極意に触れられる博物館。くノ一(女忍者)が屋敷の隅々まで案内し、室内に仕掛けられた数々の仕掛け・からくりを実演してご案内する伊賀流忍者屋敷のほか、忍者が作戦実行のために使った道具について学び、また、それらの一部を実際に使ってみることもできる忍術体験館、忍者の歴史・文献が学べる忍者伝承館が併設されています。

忍者の本場で、忍者気分が満喫できます。


赤目四十八滝

赤目四十八滝

名張市赤目町を流れる「滝川」の渓谷に点在する一連の滝の総称。紅葉の名所としても有名です。大小さまざまな滝が見られるなかで、「赤目五瀑(あかめごばく)」と呼ばれる赤目四十八滝を代表する5つの滝は、特に人気の高い必見ポイント。

また、「森林浴の森100選」や「遊歩百選」にも選ばれており、全長4キロメートルの遊歩道は、四季を楽しみながらのハイキングに最適です。美しい渓流はオオサンショウウオの生息地にもなっています。


三重県のご当地グルメ

三重県のご当地グルメ

三重県は、古くから「美(うま)し国」と言われ、豊かな自然や「食」に恵まれています。

その「美(うま)し国三重」には、分厚い豚肉をにんにくがきいた濃いめのタレで焼き上げボリュームたっぷりの四日市とんてき、直径15センチの大きな皮で餡を包み、油で揚げた揚げぎょうざの津ぎょうざ、味噌の香ばしい香りが食欲を誘う亀山みそ焼きうどんなど地域に根ざしたたくさんの特色あるご当地グルメがあります。

鈴鹿にお越しいただいた際には、是非、「美(うま)し国三重」のご当地グルメもお楽しみください。