とっておき!観光物産情報
菰野町

湯の山温泉

湯の山温泉

歴史は古く、養老2年(718年)浄薫和尚が薬師如来のお告げにより発見されたと伝えられ、傷ついた鹿が傷を癒したという伝説から別名「鹿の湯」とも言われています。

泉質は、アルカリ性ラジウム泉です。胃腸病、神経痛、外傷に効果的、また美肌の特効薬ということもあり美人の湯として女性に人気があります。鈴鹿からはお車で40分程の距離です。宿泊はもちろん日帰り入浴やお食事も楽しめますので、ぜひお越しください。


御在所ロープウエイ

御在所ロープウエイ

麓の温泉街から御在所岳山上まで、高低差780メートル、全長2,161メートルを12分で結んでいます。ゴンドラは約1分間隔で発車し、貴重な動植物や珍しい奇岩怪石、眼下に広がる景観を案内してくれます。

アカヤシオなどの高山植物が咲き誇る春や赤トンボと一緒に涼む夏、秋は錦絵のような色彩豊かな紅葉、冬は自然の芸術樹氷・氷ばくが見られ、季節によって違う感動を手軽に体験できるのも御在所岳の魅力です。


道の駅「菰野ふるさと館」

道の駅「菰野ふるさと館」

湯の山街道(国道477号線)沿いにあり、菰野の各種観光案内や、菰野茶・菰野万古・漬物・お菓子・ミニ石灯ろうなどの土産物、野菜などの地場産品の販売、お茶のサービス(平日のみ)などを行っています。

町特産品のマコモを使用した商品等も販売中。2階は菰野町観光協会の事務所となっており、旅行中の観光情報収集に便利です。菰野にお越しの際には、ぜひお立ち寄り下さい。


竹成大日堂五百羅漢(たけなりだいにちどうごひゃくらかん)

竹成大日堂五百羅漢

大日堂境内の小高く盛った土山の上に所狭しと石像が並んでいます。東には大地蔵菩薩と三蔵法師、北には七福神、山上には大日如来などが鎮座する、神仏混交の石像群は全国的にみても珍しいものです。

竹成出身の照空上人の発案により約15年を費やし慶長2年(1866年)に桑名の石工藤原長兵衛一門が完成させました。昭和42年、県の史跡に指定され、御堂の大日如来坐像は県の重要文化財になっています。春は藤棚の下でお茶会も開かれます。


パラミタミュージアム

パラミタミュージアム

館名の[Paramita・パラミタ]は、メインコレクションの池田満寿夫の陶彫「般若心経シリーズ」にちなみ、梵語の波羅蜜多「はらみった」(=迷いの世界である現実世界の此岸から、悟りの境地である涅槃「ねはん」の彼岸に至ること)に由来しています。

多彩な常設コレクションと、魅力あふれる企画展を両輪に、展覧会を開催しております。美術館併設のパラミタガーデンでは、地元の山々に植生する山野草とアートが調和したくつろぎのひとときをお楽しみいただけます。