ホーム活動報告9月20日に『F1出前授業』を開催しました。

2018/9/21 9月20日に『F1出前授業』を開催しました。

平成30年9月20日(木)、鈴鹿市立明生小学校、白子小学校、旭が丘小学校で『F1出前授業』を開催しました。

F1出前授業は,当協議会が進めるジュニアピットウォーク事業の一環で、希望があった参加校を訪問し、鈴鹿市とモータースポーツ、F1や交流チームの知識を深めていただくことを目的として実施しています。

 授業では、鈴鹿サーキットのレースアナウンサーとして活躍されている辻野ヒロシさんが講師を務め、「鈴鹿とF1のひみつ」というテーマで、鈴鹿サーキットの歴史やF1マシンの性能、交流するF1チームなどを紹介しました。

  

辻野ヒロシさんが即興で、運動会の実況デモを披露したり、鈴鹿サーキットやF1に関するクイズを出題するなど、

子供たちを飽きさせない内容で、常に教室は驚きの声や笑いが起こっていました。

なかには、「鈴鹿サーキットが誕生した1962年9月20日から、今年で56年になる」という説明中に、【今日は鈴鹿サーキットの誕生日】ということに気付き、教室の全員が驚くという場面もありました。

最後に、辻野ヒロシさんは「私が小学生の頃は、F1チームのピットを訪問するなんて先生に頼んでもできることではなかった。それが可能になったのは本当にすごいことです」と仰っていました。

子供たちには、鈴鹿ならではのジュニアピットウォークという体験を通して、多くの知識や興味を持ってもらい、今後の人生が豊かになることを願います。

    

そして、平成30年10月4日(木)に行われるジュニアピットウォークに向けて、明生小学校と白子小学校はウィリアムズ、旭が丘小学校はフォース・インディアというF1チームに、それぞれ電子メールでの事前交流や応援グッズの作製など、対面に向けた取り組みを行っていきます。

F1出前授業で得た知識をもとに,楽しい交流になることを願っています!