ホームお知らせ中勢バイパス用地を活用したシャトルバス専用レーンの試験走行を実施しました!

2013/10/4 中勢バイパス用地を活用したシャトルバス専用レーンの試験走行を実施しました!

平成25年10月3日(金),中勢バイパス用地を活用した近鉄白子駅-鈴鹿サーキット間の臨時シャトルバス専用レーンの試験走行を実施しました!

 これは,当協議会の参画団体である国土交通省中部地方整備局三重河川国道事務所の協力を得て,未共用道路である中勢バイパス5工区の用地を,臨時シャトルバス運行ルートの一部として活用するというものです。
 毎年,観戦者の皆様からご好評をいただいており,今年で5回目を迎えます。
 
2006年までは,公共交通機関(シャトルバス)を利用していただいても,鈴鹿サーキット周辺の渋滞に巻き込まれ,片道最大50分かかっていましたが,昨年もこの施策を実施した結果,片道約23分で運行することができました!

 中勢バイパスについては,いよいよ今年度末の開通を控え,道路路面もほぼ舗装されスムーズな運行が期待できます。
 本日も,5団体20名が参加し,片道約6㎞(シャトルバス専用レーンは約1㎞)の試験走行を実施した結果,近鉄白子駅から鈴鹿サーキットまで約22分で到着しました。
 しかも,本日の試験走行で運行した三重交通のバスは,今年10月1日に投入されたばかりのハイブリットの新型車両で,とても快適な乗り心地でした。

 片道380円(小学生190円),公共交通を利用して,鈴鹿サーキットへの快適なアクセスをご堪能ください!

 

 

 

臨時シャトルバス運行表

中勢バイパスシャトルバスについて