ホームお知らせ『小林可夢偉選手 F1への復帰決定』に関する会長(鈴鹿市長)コメント 

2014/1/23 『小林可夢偉選手 F1への復帰決定』に関する会長(鈴鹿市長)コメント 

鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会
 会長(鈴鹿市長) 末松 則子

 

鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 会長 末松則子

 

 この度,小林可夢偉選手が,2014年シーズンからケータハムF1チームのドライバーとしてF1世界選手権へ復帰することが発表されましたことは,F1日本グランプリ開催地である鈴鹿市の市長として,大変うれしく思います。

 可夢偉選手の復帰は,多くのモータースポーツファンにとっても大きな希望と期待が与えられる,大変頼もしく喜ばしいことで,F1日本グランプリの2018年までの継続開催,来年から本田技研工業株式会社のF1復帰に加え,日本のF1界にとっても有意義なことと考えます。

 私も鈴鹿市長として,そして鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会会長として,全力でF1日本グランプリを支援し,盛り上げたいと考えております。

 今シーズンの小林可夢偉選手の活躍を心より期待しております。