ホームお知らせ『JAPANESE DARUMA』のご利益?!

2011/10/25 『JAPANESE DARUMA』のご利益?!

 今年の鈴鹿F1日本グランプリは,ジェイソン・バトン選手(マクラーレン)の見事な優勝で幕を閉じましたが,その優勝の陰に,こんな隠れたエピソードが…

 日本グランプリ開幕前日の10月6日(木),当協議会参画市町の子どもたちを対象にした『F1ジュニアピットウォーク』を開催しました。F1のエンジン音を間近で聞いたり,チーム関係者にサインをもらったりと,普段ではなかなか経験できない貴重な体験を,未来を担う子どもたちに楽しんでいただきました。

 そんな中,鈴鹿市立椿小学校の子どもたちは,祈りを込めて片目を入れた手作りの『だるま』を12個用意し,各チームにプレゼントしました。各チームとも,日本の伝統的な『七転び八起き』の縁起物に目を丸くしながらも,嬉しそうに受け取っていただきました。

 そして,いよいよ決勝レース本番,見事優勝を飾ったジェイソン・バトン選手。マクラーレンチームに手渡された『だるま』は,ジェイソン・バトン選手のサインとともに,祈願成就したということで両目が入れられ,椿小学校に戻ってきたそうです。F1の優勝チームと,地元の小学校が繋がった心温まるお話しでした!

マクラーレンホームページ

左下に『だるま』が!
左下に両目を入れられた『だるま』が!(※画像はマクラーレンホームページより)