SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
11月
18日
2019

『モータースポーツ振興コーナー』に新しいマシンが登場!

NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会の協力により、鈴鹿市役所(鈴鹿市神戸一丁目18番18号)1階の『モータースポーツ振興コーナー』に新しいマシンが登場しました!

今回展示された2台のマシンは、鈴鹿市内の愛好家の協力によるもので、いずれも90年代の貴重なホンダの車両となっております。

展示期間:令和元年11月18日(月)から12月6日(金)(予定)

○展示車両(右側) ホンダNR(1992)

ホンダNRは、市販車唯一の楕円形ピストンを採用したスーパースポーツバイクである。そのルーツは1979年の世界GPマシンNR500にさかのぼる。当時の2ストローク全盛期にあって、4ストロークで戦うための超高回転を実現すべく開発された究極のメカニズムが楕円形ピストンであり、世界を驚愕させた。気筒あたり2本の点火プラグと2本のコンロッド(チタン製)、吸排気各4バルブを持ち、V型4気筒747ccエンジンは実質V8エンジンであるかのような構成である。カーボン製のカウルなど車体整備もプレミアムで発売当時の価格はなんと520万円であった。

○展示車両(左側) ホンダNSR250R(1991)

ロードレース世界選手権GP250クラスで2年連続(1985・1986年)チャンピオンに輝いたホンダのNSR250のレプリカモデルとして1986年に市販が開始された。バンク角90度のV型2気筒2ストロークエンジンを軽量な車体に搭載したスーパースポーツバイク。当時のバイクブーム、ロードレース熱とあいまって爆発的なセールスを記録、プロダクションレースのベースマシンとしても大きな支持を得た。初期モデルのMC16型を皮切りに、MC18型(1988)、今回の展示車両MC21型(1990)、最終モデルのMC28型(1992)まで、レーシングマシンの直系にふさわしく10年たらずの間に4回ものモデルチェンジを行った。

 

市役所の近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!