SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
10月
28日
2019

『モータースポーツ振興コーナー』に新しいマシンが登場!

NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会の協力により、鈴鹿市役所(鈴鹿市神戸一丁目18番18号)1階の『モータースポーツ振興コーナー』に新しいマシンが登場しました!

今回展示された2台のマシンは、11月2日(土)・3日(日)に鈴鹿サーキットで開催されるMFJ全日本ロードレース選手権シリーズ最終戦 にちなんで、1990年代に市販車ベース最高峰のレース(TT-F1、スーパーバイク)で活躍した機体です。

展示期間:令和元年10月28日(月)から11月8日(金)(予定)

○展示車両(右側) ホンダR V F / R C 4 5(’94)

「鈴鹿8 時間耐久ロードレース」などに代表されるF IM世界耐久選手権シリーズをはじめ、TT-F1クラスで常勝を誇ったワークスマシン「ホンダRVF750」の先進技術をもとに開発・販売された市販車。当時のホンダの最新技術の粋を集めたハイグレードなスーパースポーツとして大人気を博し、200万円という高価格にもかかわらず限定500台は完売。国内外のロードレースで大活躍した機体です。

○展示車両(左側) ヤマハY Z F – R7(’99)

F Z R 7 5 0 Rの後継機であるY Z F – R7は、スーパーバイクレース参戦を前提に開発され、欧州向けに500台が限定販売された。当時国内レースの最高峰であった全日本スーパーバイク選手権に本機の開発ライダーである吉川和多留がデビューイヤーでチャンピオンに、翌2000年には芳賀紀行選手により世界スーパーバイク選手権でランキング2位に輝き、ポテンシャルの高さを見せつけた。ほとんどがレースに使用されたため、公道走行可能な状態での個体は1 0台に満たないと推測される希少車両。

市役所にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください!