SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
12月
19日
2018

トライアルライダー小川友幸選手が鈴鹿市長を表敬訪問されました!

鈴鹿市を拠点に活動する「HRCクラブMITANNI」に所属するトライアルライダー小川友幸選手が、全日本トライアル選手権最高峰クラス「国際A級スーパークラス」において、前人未到の6年連続8度目のチャンピオンを獲得したことから、末松市長を表敬訪問されました。

 

小川選手は、2007、2010、2013、2014、2015、2016、2017、2018年と合計8回のチャンピオン獲得、そして、2013年から2018年まで6連続チャンピオン獲得という偉業を成し遂げられました。

小川選手は、今シーズンは簡単なシーズンではなかったが、チーム、スタッフの協力、試合の運など、色々なものがすべて揃ったことから、チャンピオンを獲得することができたと報告されました。

末松市長からは、様々なプレッシャーがある中、6年連続チャンピオンを獲得されたことが素晴らしい。これからトライアル、そしてモータースポーツに挑戦される方への良い刺激となり、これまで以上にモータースポーツが盛り上がる良いきっかけとなったとコメントがありました。そして、小川選手へのメッセージとして、次世代ライダーの育成やモータースポーツ界の活性化に取り組んでいただきたいと述べられました。

 

表敬後、鈴鹿市役所本館と市民会館の間にて、小川選手によるトライアルパフォーマンスが行われました。チャンピオンのマシンコントロール技術を間近で見学させていただき、観客からは歓声が上がりました。

 

トライアルは、自然の地形や人工物を組み合わせ、高低差や傾斜が複雑に設定されたコースを足をつかずに乗り切る減点方式の点数競技ですので、レーシングコースで順位を争う、他の二輪レースと異なり、競技者と観客が近いという特徴があります。
マシンを手足のように操り、難コースを攻略するトライアルにぜひ、注目して下さい。そして、今後の小川選手の活躍にも期待しましょう。