SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
1月
07日
2017

鈴鹿の伝統的工芸品を知りたい!■鈴鹿市伝統産業会館編■

いつも協議会日誌をご覧いただきありがとうございます!

鈴鹿市の伝統的工芸品といえば・・・
鈴鹿墨」と「伊勢型紙」!ですよね。

今日は、2つの伝統的工芸品を紹介する施設
鈴鹿市伝統産業会館」のご案内です!

鈴鹿市伝統産業会館は、
繊細で高度な技術を後世に伝えようと、昭和58年に建設されました。

入館料は無料ですので、ぜひぜひ!お気軽にお立ち寄りくださいね!
それでは会館の中に入ってみましょう!!


施設はとってもきれいに整備されていますよ!

まずは入り口を入ると・・・

パイプ椅子が並ぶホールがあります。
ここで、伊勢型紙鈴鹿墨を紹介するビデオをご覧いただけます。
それぞれのルーツや製法など詳しく説明されていますよ。

次に、研修室。
伝統産業会館では、学生さんの社会見学など
団体のご予約も受け付けています。
団体のお客様がお越しになった際は、
こちらの研修室で伊勢型紙の彫刻体験ができるそうです。

お次は和室。
伊勢型紙を使って染められた着物・反物や
障子・あかりなどが展示されています。

着物や浴衣を染めるために使われる伊勢型紙ですので
やはり和室だとぐっと雰囲気が出ますね!

それでは和室を出たら
展示室へGO!

ここからどどーんとご紹介します。

型紙あかりに、
伊勢型紙を使って染められた反物。

伊勢型紙を彫刻体験できるコーナーに
鈴鹿墨伊勢型紙の古くからの製品が並びます。

伊勢型紙の製法を紹介するコーナーや

鈴鹿墨を製造するために使われる道具の展示コーナーがあります。

夏休みの自由研究に訪れるお子さんも多いんですよ。

日曜日には、職人さんの実演を見学することができますので
お子様とご訪問の際は、日曜日に訪れてみてください!
(詳細は記事下部にございます。)

あともう1室。


職人さんたちの商品を展示・販売するギャラリーもあります。

ギャラリーについてはまた次回ご紹介させてください!

伝統工芸の世界は、老若男女引き込まれるものが あります。
ぜひ鈴鹿市伝統産業会館を訪れてみてくださいね。

伊勢型紙って??

 国の重要無形文化財&伝統的工芸用具に指定されている工芸品です。
 着物や浴衣を染めるための型紙で、
 「渋紙(しぶがみ)」という柿渋を塗った美濃和紙を原材料とします。

鈴鹿墨って??

 国の伝統的工芸品に指定されている工芸品です。
 主に書道や絵画に用いられる墨で、
 原材料はスス・ニカワ・香料。
 製造工程の大部分が手作業で、分業ではなく一貫生産されています。

伊勢型紙・鈴鹿墨のことなら鈴鹿市伝統産業会館へ!

開館時間    午前9時~午後4時30分
休館日     毎週月曜日(祝日の時は翌日)、年末年始(12月28日から1月4日まで)
入館料     無料
実演      伊勢型紙・・・毎週日曜日10時~12時 13時~16時
        鈴鹿墨 ・・・第2、第4日曜日10時~12時 13時~16時
ビデオコーナー 鈴鹿墨と伊勢型紙についてビデオでご説明します。
        (英語版、フランス語版もあります。)