SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
11月
01日
2016

小島庸平選手の全日本モトクロス選手権最終戦&シーズン結果報告!

 鈴鹿市出身のモトクロスライダーで鈴鹿と・き・め・きモータースポーツ大使の小島庸平選手が,2016年10月23日に宮城県のスポーツランドSUGOで行われた全日本モトクロス選手権最終戦に出場しました。

 ランキング3位でシリーズ最終戦を迎えた小島選手。モトクロス全米選手権で活躍するコール・シーリー選手ら強豪がスポット参戦し,今まで以上の厳しい展開が予想される中,小島選手の2016シーズン最後となる戦いが始まりました。

 ヒート1は,好スタートを決めますが,オープニングラップの混戦でやや順位を落とし,7番手で1周目のコントロールラインを通過。3周目に2台,4周目にも2台をパスし3番手にポジションを上げると中盤には2番手に浮上します。この時点でトップのコール・シーリー選手との差が開いていたため,後半は確実に周回を重ね,3位以下を引き離し単独2位でフィニッシュします。

 続くヒート2は,ヒート1に続いてコール・シーリー選手が序盤から圧倒的な速さをみせ,先頭を独走。小島選手は,確実にスタートを決めると4番手で2コーナーを立ち上がり,2番手集団の一角を形成します。激しい集団のポジション争いの中,小島選手は3位でフィニッシュし,第7戦名阪スポーツランドのヒート1から6ヒート連続となる表彰台を獲得しました。

 

 両ヒート表彰台登壇 (2位,3位)で総合 3位。2016シーズン全戦を終えシリーズランキングは3位となりました。

 残念ながらシリーズ連覇はなりませんでしたが,鈴鹿F1協議会では,これからも鈴鹿からチャンピオンを目指す小島庸平選手を応援していきます!