SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
1月
05日
2021

鈴鹿市を本拠とするモトクロスチーム「ベルズレーシング」が鈴鹿市長を表敬訪問されました!

鈴鹿市在住で、鈴鹿・と・き・め・きモータースポーツ大使である小島庸平選手が、自身で監督を兼任するモトクロスチーム「ベルズレーシング」のライダーの皆様とともに、末松市長を表敬訪問されました。今年度からチームに加入した山本鯨選手(Honda Dream Racing Bells)が、2020年全日本モトクロス選手権IA-1クラスにおいて、2019年シリーズに続いて連覇を果たし、チャンピオンプレートを持参されました。

山本選手は「コロナによって、たくさんの方々に支えてもらいながらレースが出来ていると実感できた。来季に向けて、3連覇はもちろんこと、人としてライダーとして恩返ししたい。」と力強い思いを語っていただきました。小島選手兼監督は、個人でもプライベータートップの年間6位を飾り、IA-2クラスでは大城魁之輔選手が年間2位、高校1年生の柳瀬大河選手は中部モトクロス選手権ナショナルクラスで全戦全勝と、チームとしても飛躍のシーズンとなりました。小島選手兼監督は、「若手を育てて、鈴鹿から世界へ」というさらなる夢に向けて、来シーズンへの意気込みを語っていただきました。

新型コロナウィルス感染症により、暗いニュースが絶えない時代だからこそ、目標や目指すものに向かって躍進される姿には元気を与えてもらいます。

今後もベルズレーシングのチームの皆様のさらなるご活躍を祈念しております。