SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
2月
08日
2019

【その1】2018 FIA世界選手権シリーズ第17戦 Honda F1日本グランプリを振り返ると。

平成30年10月4日(木)から8日(月)にかけて開催された『2018 FIA世界選手権シリーズ第17戦 Honda F1日本グランプリ』。

2018年のF1日本グランプリは、鈴鹿にとって、そして鈴鹿サーキットにとって節目のグランプリとなりました。ご存知の方も多いかと思いますが、鈴鹿での開催30回目の節目となる記念大会として盛大に開催され、期間中に18万人(※期間5日間)の来場がありました。

1987年に初めて鈴鹿で開催されて以来、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで繰り広げられる世界最高峰の4輪レースから、たくさんのドラマや名場面が生まれ、それらが歴史となって積み重なり、今日のF1日本グランプリに至っています。この30年間で、本当にたくさんの方が世界中から訪れ、そしてF1ファンが誕生しました。

F1協議会は、官民合わせて37団体で構成されており、観戦者の皆さんが、「鈴鹿でのF1観戦は楽しいだけでなく快適だった。来年も鈴鹿に行こう!」と思っていただけるよう、そして、F1日本グランプリを鈴鹿だけではなく、三重県、国の貴重な観光資源ととらえ、地域の活性化に繋げるべく、交通の渋滞の緩和や観戦客へのおもてなし事業に取り組んできました。

この後、2018年の鈴鹿F1日本グランプリを振り返るとともに、F1協議会の取組結果を3回程度の投稿に分けてご紹介します。