SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
6月
20日
2016

初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座(鈴鹿サーキット)が開催されました!

平成28年6月19日(日),鈴鹿サーキットにおいて初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座(鈴鹿サーキット)が開催され,今回は二輪コース,四輪コースの受講生55名が参加されました。

 やはり,鈴鹿といえばサーキット。年に約30ものレースが開催される日本のモータースポーツのメッカであり,モータースポーツのまち鈴鹿を象徴する場所は,外せないでしょう。

 まずは,鈴鹿サーキットの誕生から現在に至るまでの歴史について学びました。受講生全員が熱心に耳を傾けていました。

 

 

 講義の後,鈴鹿サーキットの裏側の世界を知る,バックヤードツアーの開始です。

 最初に,鈴鹿サーキットの模型を見ながら,施設の概要を把握し,その後,レース開催時の安全対策について,施設を見学しました。レース中に発生した事故に早急に対応できるよう,医務室が設置されておりビッグレースの際は,ドクターヘリが待機しているとのことでした。また,鈴鹿サーキットのロゴの入った救急車があるとは,驚きですね。

 

 

 続いて,レースを監視するコントロールタワー。コース全てを見通せるようにカメラが設置され,このモニター上に映しだされます。レースだけでなく,国際レーシングコースを走る新感覚EVアトラクション,サーキットチャレンジャーの様子もモニターでチェックしているとのことですので,コース上のことは全てお見通しなんですね。

 

 

 実際にレースで使用されるフラッグを受講生が手にしています。レッドフラッグが振られると,レースが即時中断されます。また,受講生が手にしている青いボックスは,タイム計測に使用される機器で,マシンに取付けられます。1台なんと5万円もする代物で,鈴鹿サーキットは,約500台保有しているとのこと。一体いくらになるのでしょうか。

 

 

 続いて,メディアセンターへ。F1時には,世界中のメディアがレース情報をここから発信しています。 海外のメディアむけの,変わった形の200Vの電源コンセントが用意されていました。皆さん興味津々です。

   

 

 最後に,F1などのビッグレースのみに使用される表彰台の見学。表彰台に向かう前に,皆さん立ち止まって写真を撮っているのは,2015年のF1日本グランプリの表彰式の写真です。そして,いよいよ表彰台の見学スタート,表彰台に上がっての写真撮影がOKということで,トロフィーやシャンパンとともに満面の笑みで記念撮影されていました。

  

 

そして,最後は受講生全員で記念撮影。

 

 

 今回の講座では,鈴鹿に住んでいても知らない鈴鹿サーキットの裏側を見ることができ,有意義な体験ができたのではないでしょうか。