SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
8月
09日
2018

8/7(火)「サーキット同乗走行体験~本物の世界を知る~」

平成30年8月7日(火)、NPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会主催の「サーキット同乗走行体験~本物の世界を知る~」が、鈴鹿サーキットにて開催されました!

主催は、モータースポーツを使った交通安全事業や青少年の健全育成など、社会貢献活動を始めとする文化的活動を展開するNPO法人鈴鹿モータースポーツ友の会。

この企画は、鈴鹿市内の小・中学生を対象に、プロドライバーによる講演と芸術的なドライビングを体験することで、より高い世界へ憧れをもち、あらゆる分野への「夢」に挑戦するきっかけづくりを目的とされています。

参加した子供たちは60名、当初の定員は50名でしたが、募集に対し100名以上の応募があり、一人でも多くの子供たちに体験してほしいという主催者の思いから、定員を60名に増やしたそうです。

当日は、理事長でプロドライバーである福山英朗さんを含め、計5名のプロドライバーをお招きし、ホンダカーズ三重北より提供された「シビック  TYPE  R」1台「シビック ハッチバック」4台が走行に使用されました。

まず行われたのは、開会式とプロドライバーであり鈴鹿モータースポーツ友の会副理事長福山英朗さんの講演。福山さんは自身の経験から、強い思いと夢に向かって努力をすれば「なりたい自分になっていく」と語りました。また時折、世界で活躍した福山選手ならではの鈴鹿サーキットや世界のコース事情など、豆知識やクイズを披露し、子供たちだけでなく父兄の方も頷いたり、驚いたりしていました。

 

そして後半は、国際レーシングコースをプロドライバーの運転で駆け抜ける同乗走行体験がスタート。
福山さんを始め、脇田一輝選手、水谷竜也選手、寺西玲央選手、大賀裕介選手の全5名のドライバーが、ホンダカーズ三重北から提供を受けたシビックを操ります。

 

  

通常では経験できないスピードで走る車の助手席で、プロドライバーのテクニックを体感した子供たちが降車後に「楽しかった」「もう一度乗りたい」など笑顔で戻ってきたのが印象的でした。

全国のモータースポーツファンが羨む、鈴鹿市ならではのイベントであり、子供達にとって忘れられない思い出になったと思います。そして、開催目的である、自身の「夢」への挑戦するきっかけにつながることを願っています!