SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
4月
21日
2017

SUZUKA2&4RACE市長表敬が行われました!

 平成29年4月21日、鈴鹿サーキットを舞台に開催される鈴鹿2&4レースを前に、日本モーターサイクルスポーツ協会会長の大島裕志氏を始めとした関係者が、鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会会長である末松鈴鹿市長を表敬訪問されました!

 JSB1000に出場するモリワキレーシングのライダーの高橋裕紀選手は、「今シーズン鈴鹿8耐にモリワキとして9年ぶりに出場するが、モリワキとしていい開幕を迎え、8耐につなげていきたい。」
 また、同じくモリワキレーシングのライダー清成龍一選手も、「チームはイタリアのピレリタイヤを使用するというチャレンジをする。現在のテストの感触はいいし、尻上がりに調子を上げていきたい。また、8耐には最多勝利者を目指していきたい。」と力強く語りました。

 また、スーパーフォーミュラを代表して表敬訪問した松田次生選手は、「今シーズン海外からレッドブル育成出身のガスリー選手が参戦する。将来F1に昇格するであろう速いドライバーに、日本人がどのように戦っていくのかが見どころ。」とコメント。

 末松市長からは、「2輪と4輪のレースが観られるのは、すばらしいこと。モータースポーツ都市宣言を行っている鈴鹿市として、このようなレースが開催されることはありがたいと思っている。多くの方に来ていただいて、ぜひレースの迫力を肌で感じてほしい。」と語りました。

 今大会を始め、今年のスーパーフォーミュラは全戦、BSフジより生中継されるという、モータースポーツファンには待望のシーズンとなります。
 ぜひ、サーキットでレース観戦ができない方は、BSフジの生中継で、白熱したレースを体感ください!
 なお、松田選手はレースには出場しないものの、BSフジのピットレポーターとして、レースの魅力を伝えていただきますよ。

 最後に、2輪と4輪の魅力が詰まった鈴鹿2&4レース。ぜひ皆様鈴鹿へお越しください!お待ちしています!

  

 

4月
21日
2017

【4/21】お伊勢さん菓子博2017が開幕しました!

 お菓子の祭典として、ほぼ4年に1度全国各地で開催される全国菓子大博覧会。
 第27回目の全国菓子大博覧会となる「お伊勢さん菓子博2017」が、三重県営サンアリーナおよびその周辺にて、本日開幕を迎えました!

 菓子博は、全国の名だたる銘菓や菓子職人が伊勢に集結するという、スイーツ好きにはたまらないイベント。閉幕となる平成29年5月14日まで、三重県は甘い匂いに包まれます。

 ぜひ、お伊勢さん菓子博2017へお越しください!

①お菓子のテーマ館
 メインアリーナ中央にお菓子のテーマ館を設置。「お伊勢参り」を軸に江戸時代の旅人になった気分が楽しめる、旅情あふれる空間が楽しめます。

②全国お菓子であい館
 各地で生まれた特徴あるお菓子およそ2500点を6つのブロックに分け、地域の関わりと共に紹介。

③お菓子の匠工芸館
 全国の菓匠(菓子職人)達が伝統の技を駆使して制作した工芸菓子を一堂に集めて展示。

④お菓子にぎわい夢横丁
 大手菓子メーカー8社がそれぞれのお菓子の魅力や商品を、趣向を凝らしたオリジナルブースで紹介。うれしいお菓子のサンプリングや各種イベントでおもてなし。

⑤いせ舞台
 お伊勢さん菓子博2017を盛り上げる楽しいステージプログラム。

⑥おかげ茶屋
 老舗和菓子メーカー6社による真菓会が、江戸時代にお伊勢参りの街道沿いで旅人をもてなすイメージの茶屋をプロデュース。

⑦お茶屋
 野点スタイルで抹茶と和菓子が楽しめる風情ある茶屋をご用意。伊勢茶の抹茶を伊賀焼・萬古焼等の茶器でご提供。

⑧aiaicafe
 厳選された素材を活かし、すべて手作りにこだわったお伊勢さん菓子博2017ならではの贅沢スイーツをご堪能ください。

⑨フードコート
 三重のグルメが大集合!お菓子はもちろん、おいしい食事を楽しめます。

⑩全国お菓子夢の市
 北海道から沖縄まで全国のお菓子メーカーおよそ530社、1800点を超える商品がズラリ!各地自慢のお菓子を、旅めぐり気分でショッピング。会場では三重県産のあおさ、伊勢茶、かんきつ類を使った、三重県内のお菓子メーカーによるオリジナル新商品が続々登場!

⑪三重のおいない館
 開催地である三重県の魅力をたっぷりとご紹介。さらに県内の大手菓子メーカー3社が、オリジナルブースを用意してお待ちしています。

 ※詳しくは、お伊勢さん菓子博2017ホームページをご覧ください!
 http://www.kashihaku-mie.jp/