SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
11月
12日
2015

『観戦ツアー・2015スーパーフォーミュラ最終戦』が開催されました!

 5月から始まった鈴鹿市主催の『初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座』もいよいよ終盤に差し掛かってきました。今回は,4輪コースの『観戦ツアー・2015スーパーフォーミュラ最終戦』が開催されました。平成27年11月8日(日),あいにくの雨の中にもかかわらず,たくさんの受講生が参加しててくれました。

 まずは,スーパーフォーミュラ最終戦の第1レースを観戦するためスタンドへと向かいます。そして,レースの解説をしてくれるのは,テレビ解説でもおなじみのレーサー福山英朗さん。そして,コース上にはスタートを待つマシンが並びます。

 

 レース1が始まりました。レーサーならではの視点から見る福山さんの解説は非常にわかりやすく,受講生もしっかりと聞き入っています。なんと,雨の日は先頭のマシン以外は前が見えないので,2番手以降の選手は,横を見て目標物を見ながらレースを進めていくといったような裏話もしてくれました。そして,地元鈴鹿のREAL RACINGは,11号車の伊沢拓也選手が8位,10号車の塚越広大選手が9位という結果でした。

 レース1が終わると受講生はパドックトンネルを抜けてピットのほうへと向かいます。そうです,10月にファクトリー見学をさせていただいたREAL RACINGのピット訪問です。

 

 

 ピットの中ではレース1を終えたマシンが,レース2に向けて整備されていました。その中で,REAL RACINGの長江さんと福山さんからマシンの説明をしてもらったり,シートを持たせてもらったりと普段はなかなかできない経験をさせていただきました。

 そして,最後は恒例の記念写真!受講生の皆さんにとって,素晴らしい思い出になったのではないでしょうか。ぜひ,これを機会にモータースポーツに興味を持っていただけたら嬉しいですね。

 

 

 

 初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座としてはピット訪問で解散し,受講生の皆さんは各自でレース2を観戦しました。

 そして,そのレース2のスタート地点に当協議会の会長である末松則子鈴鹿市長の姿がありました。

 

 

 赤いジャケットを着た末松市長と『ん?』この後姿は?

 エンジンスタートコールをする末松市長の横には,なんとDAIGOさんが。 『カンニングのDAI安★吉日!』という番組の撮影でエンジンスタートコール1分前の表示を出してくれました。

 そして,レース2はスタート前に小林可夢偉選手のマシンから火が出るアクシデントがあり,15分ディレイで1周減算の27周となりました。なお,地元鈴鹿のREAL RACINGは,10号車塚越広大選手が11位,11号車伊沢拓也選手が15位という結果でした。

 REAL RACINGの皆さんおつかれさまでした!これからも鈴鹿からモータースポーツを盛上げてください!!