SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
6月
03日
2014

『初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座』の開講式が行われました!

 5月31日(土)、モータースポーツ都市宣言10周年を迎えた鈴鹿市で、『初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座』の開講式が行われました。

 この『初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座』は、市民の方がモータースポーツの魅力・面白さの体験,ファクトリー見学などを通じて、モータースポーツを、身近な存在と感じていただくことを目的として開催されています。

 開講式では、鈴鹿モータースポーツ友の会の協力により、『鈴鹿から世界へ 世界からSUZUKAへ』をテーマに講演が行われました。

↑畑川治氏(右)と徳留真紀選手(左)

 

まずは鈴鹿在住のレーシングアドバイザー畑川治氏。

畑川氏は、日本のレーサーのパイオニアとして,イギリスF3参戦時は、かの有名なナイジェル・マンセルと戦った経歴の持ち主です。

現在は若手ドライバーの育成を行い、松田次生選手や荒聖治選手など日本のトップドライバーを育て上げています。

講演では、世界と日本のモータースポーツの歴史について、お話をしていただきました。

 

つづいて、同じく鈴鹿在住のレーシングライダーの徳留真紀選手。

徳留選手は、1996年のロードレース世界選手権125ccクラスランキング2位、2012年には全日本ロードレース選手権「MFJグランプリ」において、J-GP3クラスチャンピオンに輝いている現役トップライダーです。

トップライダーであるにも関わらず、少年時代は運動が大の苦手だったそうです。

そのような少年が、トップライダーとして世界と戦えたことは、参加した子供たちに夢を与えたのではないでしょうか。

 

二輪・四輪コース合わせて50名の方が、これから12月まで受講されます。

『初心者のためのモータースポーツおもしろ体験・講座』により、モータースポーツの魅力に引き込まれ、新たなモータースポーツファンが誕生することを願っています。

 

 

↑徳留選手のマシン               ↑小林可夢偉選手のヘルメットとサイン

 

↑本田宗一郎氏の寄贈色紙            ↑松田次生選手のヘルメットとレーシングスーツ