SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
12月
01日
2012

【F1ミニ知識Vol.10】F1ドライバーの国籍は?

 このコーナーではF1に関するミニ知識(初心者向け)を毎回1個ずつ紹介していきます。

 それでは今回は,『F1ドライバーの国籍は?』についてお話をいたします。

 近年,F1グランプリの開催地はヨーロッパのみならず,アジア・中東に目が向けられるようになり,F1グランプリのグローバル化がますます進んでいます。数少ないF1のレギュラーシートを獲得し,世界中を転戦するドライバーの出身国はどこなのでしょうか?

 F1発祥の地であるイギリス(N・マンセル,J・バトンほか),フェラーリの国イタリア(J・トゥルーリ,G・フィジケラほか)をはじめ,ドイツ(M・シューマッハ,S・ベッテルほか),フランス(A・プロスト,R・グロージャンほか),スペイン(F・アロンソ,P・デ・ラ・ロサほか)など,ヨーロッパ国籍の選手が全ドライバーの約7割を占めています。また、A・セナ,N・ピケ,R・バリチェロらブラジル人の活躍も目立ちます。

 一方,日本人のフル参戦ドライバーは,中嶋悟・一貴親子,鈴木亜久里,片山右京,佐藤琢磨,小林可夢偉など9人です。日本人ドライバーの鈴鹿での優勝,さらには年間チャンピオンが誕生することを願うばかりです!

 次回は『F1は男性のスポーツ?』についてお話いたします。