SUZUKA21 ブログ Blog
鈴鹿のF1情報はもちろん、鈴鹿市内のおトクな情報を発信!
鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会 公式ホームページ
http://suzuka21.com/
7月
24日
2012

FC鈴鹿ランポーレ試合結果(7/22)

 FC鈴鹿ランポーレの東海社会人サッカーリーグ第9戦が,7月22日(日)石垣池グラウンドで行われました。

 対戦相手は,前期アウェイで引き分けているChukyo univ FC(以下CUFC)です。現在3位のFC鈴鹿が優勝戦線に踏みとどまるためには,絶対に負けられない試合です。

 ハンドボール日本リーグで闘っている「三重バイオレットアイリス」の選手も応援に来場し,多くの観客が見守る中で試合が始まります。中盤とディフェンスが安定している鈴鹿は,CUFCの攻撃をガッチリ食い止め,速攻で縦に早く仕掛けます。前半26分。カウンターからFW北川慶選手(23)が走り勝ち,中へ折り返したところを伊藤駿祐選手(11)がきっちり決めて先制。1-0

 しかし,国体選抜も含め連戦の疲れが見られる鈴鹿はこの後,なかなか追加点を奪えません。後半1分。CUFCのミドルシュートが決まり同点に追いつかれます。1-1

 両チームとも譲らず,混戦のまま試合は終盤に差し掛かります。後半20分。途中出場した伊藤竜二選手(22)のドリブルから得たフリーキックを,安真也選手(22)が直接ゴールにたたき込み,待ち望んでいた追加点が入ります。2-1

 さらに終了間際の後半44分。中村豪選手(9)からのショートパスを矢野純平選手(8)が落ち着いて蹴り込み,ダメ押しの3点目。3-1。矢野選手の見事なゴールパフォーマンス(宙返り)で会場は大盛り上がりでした。

 このまま試合終了となり,全社予選と合わせてFC鈴鹿は公式戦5連勝となりました。

 次節は7月29日,アウェイ名古屋市港サッカー場で,今シーズン唯一敗北を喫しているマルヤス工業との対戦です。Jを目指すために負けられない一戦です。きっちりリベンジして上を目指しましょう!

FC鈴鹿ランポーレホームページ